所長からのニュースレター

top_spimg01.png

メールでのお問い合わせ

2017.01.17更新

改正個人情報保護法が平成29年5月30日に全面施行されます!
~すべての事業者に個人情報保護法が適用されます!~


政府は平成28年12月20日に「改正個人情報保護法」の全面施行日を
平成29年5月30日とすることを閣議決定し、
12月26日に
「個人情報保護法及びマイナンバー法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」が公布されました。

これに伴い、個人情報保護委員より公表されている
「基本方針」、「施行令」、「施行規則」、「ガイドライン」
も同日に施行されることになります。

なお、オプトアウトによる第三者提供(法第23条第2項)に関する
個人情報保護委員会への届出は平成29年3月1日からとなります。

今回の個人情報保護法改正は、5000人要件がなくなったほか、
第三者提供の規制の整備、
匿名加工情報の新設等、
会社の規模を問わず、新たに全社対応が必要になると考えられています。

改正のポイントと今後、どのような影響がでるのかご紹介します。

〔1〕小規模事業者への適用除外の廃止
 取り扱う個人情報の数が5000以下である事業者を規制の対象外とする制度が廃止になりました。
 これによりすべての事業者が対象になりました。

〔2〕個人データの第三者提供に係る確認記録作成等を義務化
 個人データの取得経緯を確認した上、
  その内容の記録を作成し、一定期間保存することを義務付け、
 第三者に個人データを提供した際も、
  提供年月日や提供先の氏名等の記録を作成・保存することを義務付けられました。

この他多くの改正事項があります。
※ガイドラインにおいて「中小規模事業者」の取扱いの一定の緩和手法が示されています。

詳しくは
→ http://www.ppc.go.jp/personal/preparation/ (特定個人情報保護委員会HP)

2017.01.16更新

本日、「マイナポータル」が開設され、アカウント登録ができるようになりました!

また、マイナンバーカードでマイナポータルにログインすれば、
これまで入力していたe-Tax用の利用者識別番号と暗証番号を入力することなく
e-Taxにログインし、メッセージボックスの情報を確認できるほか、
納税証明書、源泉所得税、法定調書などに関する手続が利用できるようになりました。
 
 1.「マイナポータル」の概要
   内閣官房「マイナンバー社会保障・税番号制度」ホームページで、マイナポータルの開設が
  案内されました。
 (1) マイナポータルとは
   マイナポータルは、政府が中心となり運営するオンラインサービスです。子育て等に関する
  行政手続きのワンストップ化や、行政からのお知らせ配信などのサービスが予定されています。
  (平成29年7月より順次サービス開始予定)
 (2) 今回の開設により利用できる主な機能
  ①マイナンバーカードによるログイン及びアカウント設定(通知先メールアドレス、ニックネー
   ム登録など)
  ②認証連携(マイナポータルからシームレスにe-Taxのメッセージボックス等の確認が可能)
 (3) マイナポータルを利用するには
   マイナポータルを利用するには、次のものを準備の上、環境設定(プログラムのダウンロー
  ド・インストール)を行う必要があります。
  ①マイナンバーカード
  ②ICカードリーダライタ
  ③インターネットに接続されたパソコン
 (4) マイナポータルへのログイン
   マイナポータルへのログインは、こちらで行います。
 
 2.e-Taxへの認証連携
   国税庁e-Taxホームページで案内されているとおり、マイナンバーカードでマイナポータル
  へログインすれば、これまで入力していたe-Tax用の利用者識別番号と暗証番号を入力するこ
  となくe-Taxにログインし、メッセージボックスの確認や、納税証明書の交付請求、源泉所得
  税関係、法定調書関係、添付書類(PDF)追加送信などの電子申告の手続が行えるようになりま
  した。

  • LFP L.Financial Professions
  • エルクラブ 所長からのニュースレター
  • 水戸税理士事務所 FaceBookページ