所長からのニュースレター

top_spimg01.png

メールでのお問い合わせ

2014.05.14更新

平成26年度税制改正で消費税の簡易課税制度のみなし仕入率について見直しが行われています。
その内容は、、、、

金融業・保険業の仕入率が60%から50%に,
不動産業が50%から40%に


見直されました。(増税ですね。。。。)

この改正は,27年4月1日以後開始課税期間から適用されます。
その一方、通常,簡易課税制度の適用を受けるためには,その課税期間の開始日の前日までに届出書を提出することが要件とされていますが、平成26年"9月30日"までに,簡易課税制度選択届出書を提出した場合,簡易課税制度が強制適用される2年間は27年4月1日以後開始課税期間であっても,旧仕入率が適用される経過措置が設けられています!
もし業種が該当する法人は9月30日までに届出を出さないと、、、、(汗)

ここから、国税庁からでているパンフレットがみれます。




2014.05.13更新

5月号の事務所通信も作成をせず、3月決算の申告に追われる今日この頃。。。。

別表四をみて、なんだか違和感。。。。
そうかっ!
別表十五をみて、確信。。。。

資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人に係る交際費課税について、平成25年4月1日以後に開始する事業年度から定額控除限度額が年600万円から年800万円に引き上げられるとともに、定額控除額に達するまでの金額の損金不算入額が0とされましたっ!

今まで、平成25年3月31日までに開始する事業年度については、定額控除限度額に達するまでの金額について10%は損金の額に算入されませんでした。だから、いつも加算のある位置に数字が入っていたのに、今月決算の法人からそれがないんですね。
うーん、、、あの面倒なひとりあたり5000円以下の飲食費等の集計を気にしなくてよくなったので楽だぁ~

ちなみに、平成22年4月1日以後に開始する事業年度からは、資本金の額又は出資金の額が5億円以上の法人の100%子法人等は、定額控除の適用対象から除かれますのでご注意を。。。。。

近いうちに平成26年度改正にも触れたいと思います。。。

SEARCH

CATEGORY

  • LFP L.Financial Professions
  • エルクラブ 所長からのニュースレター
  • 水戸税理士事務所 FaceBookページ