所長からのニュースレター

top_spimg01.png

メールでのお問い合わせ

2013.12.26更新

今年も、あと少しだというのに、おしごとが・・・・たくさん・・・・・たまって・・・・・coldsweats01

源泉所得税の納期の特例の締切が1/20に伸びたこともあって、年末調整が年始調整になりがち・・・・・
12/25が締日のところなどは、ゆるしてくださいーい!bleah

しかし、なんで、eTax と eLTAX  は 利用時間をあわせないのだろう。。。。
eTax  (国税)   8時30分~24時(土日祝日等及び12月29日~1月3日を除く)
eLTAX(地方税)8時30分~21時(  同上  )
というか、そもそも電子申告なんだから、24時間にしてほしい!

国税だけできて、地方税ができないなんて、2度手間。
異動届出の作業中。。。。明日、地方を忘れないようにしないと・・・・wobbly


2013.12.15更新

経営革新等支援機関として中小企業庁からのお知らせhappy01scissors

中小企業庁では、ものづくり中小企業の製造現場における人材育成の取組に支援するため、中小企業庁の指定する講習を受講する際の受講料、旅費、宿泊費の3分の2を補助(一人当たり最大50万円)しています。

講習の内容は、例えばCAE解析、仕事の教え方、5Sといった内容となっています。

現在、平成26年1月から平成26年2月までに実施される講習の受講者を募集しています。

締め切りは
平成26年1月開催の講習については平成25年12月18日(水)、
平成26年2月開催の講習は平成26年1月14日(火)です。


そのほかの詳しい情報につきましては、事務局のホームページに記載しておりますのでご覧ください。

【第2回募集について】
http://www.sunvertex.co.jp/archives/3769

【リーフレット】
http://www.sunvertex.co.jp/wp-content/uploads/2013/11/39ffad8076bdd3f447336f6a43392745.pdf

【問い合わせ先】
中小企業庁 経営支援部 創業・技術課
[TEL]03-3501-1816

2013.12.13更新

最近、ニュースでは
軽自動車税と消費税の軽減税率の話題でもちきりですが。。。。

平成25年12月12日(木)、自由民主党と公明党が
「平成26年度税制改正大綱」を公表しました。

https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/pdf128_1.pdf

やっぱり、読まなくちゃいけないかしら。。。。。
読んでおいたほうがよいですよね。。。。。。


2013.12.03更新

12月に入りました!xmas
はやい・・・coldsweats01
なんか、ついこないだまですごーく暑くて、急にさむくなったねって言っていたら、じつは12月に入っていた・・・・
という感じなのは私だけでしょうか。。。。

消費税率が来年4月、現在の5%から8%に引き上げられるのを前に、食料品など生活必需品の消費税率を低く抑える軽減税率の議論が活発化してきました。
軽減税率は、海外でもおおく実施されていることですし、合理的な考え方といえばそうですが、税収減につながり、なおかつ納税時の事務作業も増える(税理士の本音?)ことなどから、自民党や財務省、経済団体などから導入に慎重な声は強いようです。
どうなるどうなる?!ということで安倍首相の判断がきになるところです。

そんな中、国税庁のHPでこんな内容を見つけました。
面白かったので、お時間のあるときに読んでみてください。

『料理の「さしすせそ」と税金』

砂糖には、明治34年(1901年)に砂糖消費税が課されました。当時、砂糖は輸入品が多く、ぜいたく品とみなされたため、課税の対象になりました。
 次に塩ですが、塩にも税が課された時期があります。明治38年(1905年)に塩専売法が公布(翌年施行)され、塩の専売制が始まりました。塩専売制へ移行する準備段階として、塩専売法の公布から施行までの間の短期間、塩に対する課税(販売目的で所有する者に対する課税)がされました。
 酢は、酒造税則によって、明治16年(1883年)に課税が始まりました。これは、酢が酒を醸造した後に作られるものであるため、酢を製造する過程で課税対象となる酒が作られる以上、酢にも課税すべきという考えに基づいています。酢への課税は、明治18年(1883年)に廃止されました。
 醤油は、清酒、濁酒と併せて江戸時代に三造(みつくり)と言われ、これら3品には、明治4年(1871年)から、「清酒、濁酒、醤油鑑札収与並収税方法規則」によって免許税及び醸造税が製造者に課されました。明治8年(1875年)、生活必需品である醤油に税を課すことは不当であるという理由から醤油税は一旦廃止されましたが、明治18年(1885年)に、軍備拡張の財源として復活し、大正15年(1926年)に廃止されるまでの40年余り課税されました。
 一方、味噌が課税されなかった理由は、明治18年(1885年)醤油税則の法案審議にみることができます。この法案審議の記録である「元老院会議筆記」によると、生活困窮者は醤油よりも味噌を消費するという当時の実態から、味噌への課税はこれらの人たちに大きな負担をもたらすと判断されたようです。また、味噌は自宅で製造される場合が多く、商品として流通するものは少なかったようです。これも、味噌が課税されなかった理由の一つです。
 このように、課税か非課税かの判断には、生活必需品か奢侈(しゃし)品か、あるいは商品として流通しているかどうかなど、課税対象物を取り巻く時代の変化に応じて、いくつかの基準があったことが分かります。

国税庁HP
税の歴史クイズ


SEARCH

CATEGORY

  • LFP L.Financial Professions
  • エルクラブ 所長からのニュースレター
  • 水戸税理士事務所 FaceBookページ