所長からのニュースレター

top_spimg01.png

メールでのお問い合わせ

2013.10.17更新

本日は、国士舘大学法学部教授 酒井克彦先生のお話をうかがってきました。

税理士として、そして、いち法律家として、もっともっと租税法はもちろん、法律解釈、事実認定などのリーガルマインドを養わないといけないな・・・・と痛感しましたhappy02

さてさて、お知らせです。

先日のサッカーの試合・・・・ちょっと覇気がなかったような感じはわたしだけでしょうか・・・・
それに対して、なでしこ、沢さんももどってきて、またまた期待が膨らんできています。
ということで、なでしこパワーを有効活用しましょうheart02
の研修のお知らせです。

中小企業大学校研修 開催のお知らせ
~女性を活かした"なでしこ経営"が業績を伸ばす~

(中小企業大学東京校のサイトからの抜粋)

中小企業において労働力人口の減少が見込まれるなか、生産年齢人口の5割を占める女性の活躍が極めて重要なテーマとなっており、すでに労働力の新たな担い手として、女性の活躍促進に取り組み、新たな企業価値を見出す"なでしこ経営"で、業績を伸ばしている企業が増えつつあります。
 そこで(独)中小企業基盤整備機構中小企業大学校では、これから女性の活躍を考える企業やすでに活躍しているものの成果が出ていない企業などを対象に、女性活躍促進の考え方や進め方、阻害要因の克服策などについて、講義やライブ事例を通して学んでいただく研修を開催いたします。

【特徴】
・女性の活躍促進による企業活性化の考え方・進め方を学びます。
・女性の活躍を阻害している課題に対する具体的な対応策を学びます。
・複数のライブ事例により、女性の活躍を促進する実態・課題・方策を学びます。
・事例研究、ディスカッションなどを取り入れた参加型実践研修です。

研修時間が平日の17時30分~20時30分なので、終業後、お気軽に受講できます。


(土日研修)はこちらから

(水曜研修)はこちらから

【本件に関する問い合わせ先】
中小企業大学校 東京校企業研修課
電話:042-565-1207  FAX:042-590-2685

2013.10.09更新

【関東経済産業局】認定支援機関専用メールマガジン36号より、おしらせ!

関東経済産業局は、「一日中小企業庁inちば」を平成25年11月26日(火)幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催します。
当日は、中小企業庁からの施策紹介をはじめ、地域資源活用による新事業創出や海外展開をテーマにした中小企業との意見交換等も予定されています。
また、夕方からは交流会もあるようです。

~中小企業の元気が"ちば"の元気!~

ぜひ、施策などの情報収集をして、ご活用ください。

詳  細は こちら

申し込みはこちら

不明点は認定支援機関でもあります水戸までhappy01

【プログラム概要】
10:30~12:00 
特別講演会~モノづくり日本会議
「ベンチャーから世界一企業」への秘密
元インテル日本法人社長 傳田信行 氏

13:00~14:00
中小企業フォーラム(1) ~中小企業支援施策紹介

14:15~15:45
中小企業フォーラム(2)~中小企業等との意見交換会
テーマ:「海外展開」「地域資源を活用した新事業創出」
      について
  出席者:
  (企業) ケーイーエフ(株)
                  専務取締役 新保裕之 氏
                 (株)シェフミートチグサ
                   専務取締役 鴨狩大和 氏
       福井電化工業(株)
                    代表取締役社長 福井順子 氏
       (株)リカンヌ
                代表取締役 神保里香 氏
  (支援機関)
           千葉県商工会議所連合会
                           会長 石井俊明 氏
           千葉県商工会連合会
                         会長 花島敬一郎 氏
           千葉県中小企業団体中央会
                           会長 坂戸誠一 氏
           (株)加藤会計事務所
                         代表取締役 加藤武人 氏
  (コーディネーター)
        (株)ちばぎん総研
                        取締役社長 水野創 氏

16:00~17:30
中小機構フォーラム
  「我が国中小企業の挑戦、グローバル化への展望と人材
                 戦略」千葉商科大学 学長 島田晴雄 氏

17:45~19:15
 交流会(会費3,000円)
    地域の企業、支援機関など関係者が一堂に会する情報
      交換の場です。


2013.10.08更新

安倍総理は来年4月の消費税率8%引上げを正式決定しましたcoldsweats01

これをうけて、国税庁はこのほど、総額表示義務の特例措置に関する事例集を公表し、事業者が、総額表示義務の特例を適用し、どのような価格表示等ができるのかを具体的事例で紹介しました。
消費税転嫁対策措置法では、価格の表示に関する特別措置を設けて、この10月1日以降から、小売事業者の事務負担を軽減するため、表示価格が税込価格と誤認されない場合に限り、税抜価格の表示を認めています。flair

事例集は、絵でわかりやすくしてあり、説明も丁寧だな、とおもいました。heart02
総額表示の特例を適用する場合の基本的な考え方を説明した上で、

1)税抜価格のみを表示する場合を4事例、
2)旧税率に基づく税込価格を表示する場合の事例を3事例、
3)新税率に基づく税込価格を表示する場合の事例を3事例、合計10事例とともに、
巻末に「総額表示義務の特例により、いつまで税抜価格による表示ができるのか

など、よくある質問(FAQ)を4項目掲載しています。

ぜひ、ご参考になさってください。
事例集はここから



SEARCH

CATEGORY

  • LFP L.Financial Professions
  • エルクラブ 所長からのニュースレター
  • 水戸税理士事務所 FaceBookページ