所長からのニュースレター

top_spimg01.png

メールでのお問い合わせ

2016.12.19更新

年末調整の作業真っ只中です。

皆様には、マイナンバーの件で、とても、協力的にお手続きただいておりまして感謝しております♪

そんななか、相続税の昨年の申告状況について国税庁から発表されました。

平成25年度税制改正により、平成27年1月1日以後の相続等について基礎控除額の引下げが行われたことから、相続税の課税対象となった被相続人数及び課税割合は、前年分より大幅に増加しました。効果抜群だったようです。。。。

 

 1.死亡者数・課税対象となった被相続人数

   平成27年中(平成27年1月1日~平成27年12月31日)の死亡者数(被相続人数)は、1,290,444人(前年1,273,004人)で、対前年比101.4%となりました。
   また、相続税の課税対象となった被相続人数は103,043人(前年56,239人)で、対前年比183.2%となり、課税割合も8.0%(前年4.4%)で3.6ポイント増であり、ともに大幅な増加となっています(ちなみに、東京国税局管内における課税割合は、12.7%(前年7.5%)で5.2ポイントの増加となっています。)。
 
 

 2.課税価格・税額の推移


   課税価格は、14兆5,554億円(前年11兆4,766億円)で対前年比126.8%となり、相続税額は1兆8,116億円(前年1兆3,908億円)で対前年比130.3%となりともに増加となっています。
   また、これを被相続人1人当たりでみると、課税価格は1億4,126万円(前年2億407万円)で、対前年比69.2%となり、相続税額は1,758万円(前年2,473万円)で対前年比71.1%となり、いずれも減少しています。
 


 3.相続財産の種類別構成比


   相続財産の金額の構成比は、土地38.0%(前年41.5%)、現金・預貯金等30.7%(前年1.6%)、有価証券14.9%(前年15.3%)であり、現金・預貯金等の構成比の合計が45.6%となり、平成に入ってから最高の割合となっています。


 
  なお、この詳細については、国税庁ホームページ>活動報告・発表・統計>報道発表資料> 「平成27年分の相続税の申告状況について」をご参照ください。

  • LFP L.Financial Professions
  • エルクラブ 所長からのニュースレター
  • 水戸税理士事務所 FaceBookページ